海外「ジャパン・パラドックス、感染が少ないのは日本食のおかげ」 賞賛の嵐



日本のコロナウイルス感染が少ないのはバランスの取れた食事のおかげ

世界のコロナウイルス感染者が55万人を超える中、日本の感染者数は2200人で留まっており。その背景には日本人の食事にあるといわれている。

主食・主菜・副菜・その他が一食単位の組み合わせとなっている、一見とても質素に見える日本食が健康的なバランスの取れたものとして海外より絶賛の声が相次いでいる。

海外の反応

海外の声(イギリス人、女性):
去年初めて日本に行ったら、日本食の一食に出てくる食材の多さに感動した。

海外の声(イギリス人、女性):
日本食ダイエットに取り組み7キロ減量に成功

海外の声(アメリカ人、男性、20代):
体調が悪くなると風邪薬に頼っていたが、味噌汁を飲むようになってから風邪ひかなくなった

海外の声(アメリカ人、男性、20代):
お米を食べなかったが、食べるようにしてから筋肉がついた。今ではジムの後のプロテインは飲まず、お米を食べている

海外の声(オーストラリア人、男性、20代):
俺は米だけじゃなく、ツナも一緒に食べてるよ、これが筋肉に一番いいんだよね!ニッポンイチバン!

海外の声(カナダ人、女性):
おそらくバランスの良い食事をとっているから日本人は精神的にも優れているのであろう

海外の声(アメリカ人、男性、50代):
週三日、寿司を食べているが、箸を使うのが良いのか、頭の冴えが最近いいんだよね。

海外の声(アメリカ人、男性、30代):
まとめると、米と魚と味噌汁がいいんだな!皆が買いだめする前に買いに行かないと!

ちょっと一息

未だワクチンや特効薬は開発されておらず、巷では1年以上開発に時間を要するといわれている。免疫力を高めることが、今後のウイルスとの戦いに勝利するワクチンになるのかもしれない。

出典:https://www.nytimes.com/2020/03/26/world/asia/japan-coronavirus.html



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。