海外「岡崎半端ないって!」と驚く eスポーツで元日本代表の岡崎選手が躍動



文/編集部

岡崎選手が、eスポーツの大会で活躍

サッカーゲーム「FIFA 20」を使用したeスポーツのチャリティー大会「StayAndPlay eFriendlies」が21日に開催された。日本はグループリーグ初戦でマレーシア代表と対戦。元サッカー日本代表でウエスカFW岡崎慎司が挑み、2ゴールをあげた。岡崎は試合後、オンラインのインタビューに「初めての体験なんですけど、手が震えて思うようにいかなくてめちゃくちゃ焦りました」と回答。ゲーム内での自身のダイビングヘッドには「画面には映っていないですけど、めちゃくちゃ興奮しました」と明かした。


これに対して海外からは、「サッカー選手がえスポーツもできるなんてすごい!」「岡崎半端ないって!」と、驚きの声があがっている。



海外の声

海外の声:(イギリス)岡崎慎司は、最高のストライカーの1人。レスターのLEGEND。

海外の声:(スペイン)普通に岡崎上手かったし、あのヘディングでのゴールはまさに岡崎らしくて素晴らしかった。

海外の声:(アメリカ)体を動かす大会は出来ないが、リモートで大会を開催できるeスポーツは凄いね。自粛生活の中で、ゲームが盛り上がってますが、とてもいいことだと思います。これでeスポーツの良さや面白さが広がって、後にオリンピックで盛り上がるといいですね。私は全くゲームしませんが、、

海外の声:(イギリス)奇しくも、昨今の情勢がeスポーツ業界にとっては追い風となってるのかな。しかし岡崎操る岡崎ってのが字を見て想像するだけでも面白い。たぶん岡崎だから面白いんだと思う。

海外の声:(アメリカ)さすが岡崎選手!次も岡崎選手とゲームの中の岡崎選手の活躍を期待しています。

海外の声:(フランス)ゲームで起こるミラクルを実際に再現することは難しい。
実際の自分のプレイをゲームで再現することもまた然り。ファンタスティック!

海外の声:(インド)岡崎選手がプレイしている様子を映した、別ショットも公開して欲しかった。子画面とかで同時に見れたら、なお良し。実況解説が、完全に日本の視聴者向けの放送だったので、そういう企画もありなんじゃないかと。

海外の声:(ベルギー)東京オリンピックもテレワークのように、全てeスポーツに置き換えるべきではと思います。選手も観客も自宅で愉しめば良い。体を動かすスポーツと、eスポーツは違うとか差別主義者は言いますが、死ぬリスクを犯してまで、大勢の前でスポーツをするべきでしょうか?体を動かすスポーツはもう古代スポーツとして、歴史の教科書に乗せれば良いですね。映画マトリックスのように仮想現実の中で行えるようにすれば何も問題がないわけでふ。

海外の声:(イタリア)現役を引退した選手の第二の人生としてEースポーツはいいのではないだろうか?プロの選手と戦える夢もネット上なら叶う。イタリアのスポーツ界も検討してほしい。

ちょっと一言

サッカー選手でありながら、eスポーツの才能も発揮した岡崎選手はすごいですね。こんな器用なサッカー選手、日本人くらいではないでしょうか。

出典:https://chattusa.com/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。