海外「コロナ対策の先輩としてのアドバイス!」 世界から日本への声



新型コロナウイルス対策のアドバイスが海外から寄せられてる

猛威を振るう新型コロナウイルス。海外では被害が尋常ではない国々が多く、ある意味日本よりも様々な経験をしている。

そういう意味では先輩である海外から様々なアドバイスが日本に寄せられている。海外から見て日本は今後ピークを迎えるのではとの懸念からであろう。

役に立つお言葉が多数あるのでその一部を紹介したい。



海外の声

アメリカ人、男性:
アメリカはロックダウンになった。つまり、スーパー・病院を除いては全てクローズされる。日本はまだ自粛のためレストラン等も日中は営業しているので一般人からはそこまで危機感を感じれないのかもしれない。正直に言う。日中店が何も開いていないってゴーストタウンだぞ。本当に怖いからな。

カナダ人、男性:
外出時人数が二人までまたは不用の外出は罰金・禁固対象になる。さっきも日本のニュースを見たけど、残念ながら各々の危機感が少ないためか、今後さらなる厳しい規制が課せられるに違いない。

フランス人、女性:
フランスでは日中外出する際は許可が必要。逆に言えば許可のない人間は外に出れない。そう考えるだけで、恐ろしいこと。

アメリカ人、男性:
ロックダウンが厳しくになるにつれ心の乱れが生じる。一部の人はその乱れからか、もう耐えられずなり、外出をしてしまう。日本も今後もっと外出制限がされるはずなので、精神的な負担を取り除けるように最善を尽くしてほしい。メンタルが一番きつい。

イギリス人、男性:
街の中心部に住んでいて、普段は車の音でガヤガヤしていて不満を感じていたが、ロックダウン後は音がしない。変な言い方かもしれないが、これはこれで恐怖。

アメリカ人、男性:
日本は平気のはずだが一様参考までに。アメリカは銃社会のため、このような状況になると外を歩いている人間はほとんど銃を携帯している。社会倫理的にも自分の身に何か起こりそうだったら相手を撃っても良いみたいな風潮も重なってか、外に歩いている人はいつでも撃つよみたいなオーラがギンギンしているよ。

ドイツ人、男性:
必要最低限なものを家に蓄えること。家族・パートナーがいる人は何か一緒にできる趣味を作ること。一人暮らしの人は定期的に誰かと話をすること。メンタルはマジで大切だよ。

ドイツ人、男性:
間違って伝わらないでほしいけど、ニュースを過剰に見ないことも大事だと思う。

イギリス人、男性:
常に自分が感染していると思って行動すること。

ちょっと一言

様々なアドバイスが海外から寄せられている中、メンタル面の重要さを指摘する人が多い。終息に向かうためには一人一人の行動にかかっている。つまりそれぞれの精神衛生が保たれることが重要なのであろう。

出典:https://chattusa.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。