宮内庁が「愛子さま旧宮家から婿取り」の政府案に不信感 「両陛下に一言も相談なかった」




文/編集部

安倍政権が目論む男系皇統護持の秘策

今月14日、政府は秋篠宮殿下が皇位継承順位第一位の「皇嗣」になられたことを内外に広く伝える「立皇嗣の礼」について、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期することを閣議決定した。

「立皇嗣の礼」の延期に伴い、皇位継承策についての議論も先送りになるという。「立皇嗣の礼」の新たな開催時期は、早くても秋以降になる見込み。皇位継承議論の開始も同じく秋以降へ先送りとなりそうだ。

皇位継承問題に関して国会での本格的な議論は開始されていないが、政府は独自に有識者に対しヒアリングを行っているという。

15日には、産経新聞が「皇位継承で『旧宮家復帰』聴取 政府が有識者ヒアリングで」と報じ、これまで菅官房長官が否定していた「旧宮家の復帰」案を政府が独自に検討していることが明らかになった。

産経新聞の報道によると、政府は旧宮家男子の「皇籍復帰の方法」について、「現存する宮家に養子に入る」「皇籍取得」のほかに「旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚」という方法について有識者に考えを聞いているという。

また、週刊誌「女性自身」が2020年5月5日号に掲載した記事によると、政府はとくに、天皇陛下のお子さまである愛子さまが旧宮家から「婿取り」することを念頭に置いているようだ。



官邸官僚案がまたしても炎上

愛子さまと旧宮家の男子を結婚させることで男系皇統を維持するという案は、あまりにも時代錯誤であるように思えるが、果たして一体何故このような奇抜な案が政府内で検討されるようになったのだろうか、ある政府関係者は次のように事情を説明する。

「現在、コロナ問題の対応の失敗により支持率低迷に苦しんでいる安倍政権ですが、皇位継承問題は特に重大な悩みの種であるようです。

安倍政権は保守系のメディアや有権者から強い支持を得ているため、可能な限り男系皇統の護持を目指しています。

しかし、世論調査では約8割が女性・女系天皇容認に賛成しており“愛子さまを次の天皇に”という声も日増しに強くなっています。そのため、無理やり秋篠宮家へと皇位を委譲しようとすれば更なる支持率の低下を招く可能性があります。

ですので、安倍政権は皇位継承問題に関して、秋篠宮家に皇位を委譲すれば支持率が低下し、女性・女系天皇を容認し愛子さまへ皇位を継承させれば、保守層の支持基盤を失う可能性があるというジレンマに陥っております」(政府関係者)

このようなジレンマを抱えたまま皇位継承の先送りを続ける政府が飛びついたのが、「愛子さまと旧宮家の男子の結婚」という案であったという。

「この提案を行ったのは、首相の側近でもある官邸官僚の一人ですが、この官邸官僚は“愛子さまと旧宮家の男子の結婚”という案は、“支持率を低下させずに男系皇統を維持するための最善の策である”と自信満々に提案したそうです」(前出の政府関係者)

確かに、多くの国民が望むように愛子さまを次の天皇とし、さらに保守派が望むように男系皇統を維持するためには、この案は一見最善であるようにも思える。

しかし、ネット上では大いに不評を買っているようだ。「女性自身」はこの案を「“愛子さまに旧宮家の婿を”安倍政権が推進する仰天プラン」というショッキングなタイトルのネット記事で紹介したが、ニュースサイトのコメント欄には批判的な意見が大量に書き込まれた。

「今、何時代だと思ってるのかな?」「安倍内閣はそんな前時代的なことを本気でやるの?」「アナクロニズムであり、皇位継承の安定にもまったく繋がらない。」

安倍政権はコロナ問題でも、ある官邸官僚による「全世帯への布マスク2枚配布」という案が炎上したが、今回の「愛子さまと旧宮家の男子の結婚」という案も大変な不評を呼び、ネットでは炎上状態となっている。



宮内庁は政府の暴走に不信感

また、宮内庁の幹部らはこのような案を政府が独自に検討していることに関して大変憤りを感じているという。

「宮内庁の幹部らが不信感を露にしたのは、このような、いわば“政略結婚案”を政府が天皇陛下にも雅子さまにも一言も相談なく勝手に検討していたことです。これでは、あたかも天皇皇后両陛下や愛子さまのご意思と関係なく、政府が愛子さまの結婚相手を決める権利でもあるかのように考えているかのようです。

しかも、両陛下をないがしろにしてまで検討を進める目的が『保守派の支持基盤を維持するため』なのですから呆れる他ありません」(宮内庁関係者)

コロナウィルス問題で迷走を続け国民からの支持を失っていった安倍政権であるが、皇位継承問題でも大いに国民を呆れさせているようだ。

悠仁さまも「一人旅」のご経験を! 秋篠宮家に求められる、国民との「意思疎通」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。