海外「日本は世界一自由で差別のない国」と日本人の生き方を大絶賛



文/編集部

日本人が日本人であることの誇り

日本人は自分達の良さに気づいていない人も多いが、世界を見渡してみると、どの国の人でも生活の上で強い制約や差別があり、人々はそれに苦しめられている。

海外ドラマでは、財閥の御曹司(もしくは令嬢)と片親(もしくは孤児)の貧しい少女(もしくは青年)が恋に落ち、様々な困難を乗り越えて結ばれるという王道パターンがドラマの展開である。

しかし、日本では、この設定では誰もドラマチックに感じないのだ。

なぜなら、日常として御曹司と貧しい少女が結ばれるといことが起こっている。

階級での差別意識のない日本人は本当に素晴らしい。だからこそ、日本人は日本人であることを本当に誇りに思って欲しい。



海外の声

海外の声:タイでは、都心部出身者と農村出身者では、差別意識があるだけじゃなく、公的サービスさえ区別されているのが現状だ。だからこそ、みな日本に行きたがるし、自由に行きたいと思う中国人は多いのだ。(タイ)

海外の声:アメリカは長らく黒人差別の問題があったし、今も完全になくなった訳ではない。宗教などで対立していない日本は本当に素晴らしいと思うよ。(アメリカ)

海外の声:イスラエルはパレスチナと長らく争いを続けている。もし、どちらかが日本であれば、平和な日が訪れていたのかもしれないと思うよ。(イスラエル)

海外の声:イングランド出身者とアイルランド出身者には明確な差別があるというのがイギリスの現状である。差別意識がない日本は本当に素晴らしい国だと思う。(イギリス)

海外の声:先の対戦でドイツは敗戦国になったが、日本と一緒に戦えたことを本当に誇りに思っているよ。日本は本当に素晴らしい国だから。(ドイツ)

海外の声:日本人は勤勉であり真面目であるというのはよく聞くことであり、大きな震災が起きても動じないことや、争いが少ないのは、その国民性をよくあわらしていると思う。(チリ)

海外の声:ベルギーは言語の問題など、南北で対立して混迷としていた。海に囲まれているという特殊な地形tもあるが、対立を生まないのは、紛れもなく日本人の性格が良いからだと思うよ。(ベルギー)

ちょっと一言

日本人の宗教は、神道系、仏教系、キリスト教系など宗派はかなり分かれており、対立してもおかしくない構造は存在している。

しかし、自分の宗派すら知らない国民も多く、何かに囚われすぎないというのが、日本人の国民のあり方として、対立を起こらない考え方としてうまくいっているのかもしれない。

出典:https://chattusa.com/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。