海外「住むのにもっとも健康的な国」と日本のマスク文化を評価



文/編集部

日本のマスク文化がコロナウイルスの最悪のケースを防いでいる!

世界で240万人以上の感染者と17万人以上の死者を出している新型コロナウィルス。

世界各国で猛威を振るっているが、英公共放送「BBC」では「住むのに最も健康的な国家」という特集が展開され、その筆頭に日本を挙げられた。「健康を意識する日本のマスク文化が、コロナ危機の衝撃を最小限にとどめている」と生活文化の高さを称賛し、日本を見習うべきであると考えている。

日本人にとっては当たり前となっているマスク文化も、海外から見たら特質するものとなっているようだ。



海外の声

海外の声:イタリアは新型コロナウイルスの影響を大々的に受けています。日本ほどの規模に止めることができなかったのは、やはり文化の違いなのでしょうか?(イタリア)

海外の声:感染者数がもっとも多いのがアメリカであり、死者が多いのもアメリカである。いろいろな制度や医療水準の高さなど日本の仕組みが多く国民を助けているのは紛れもない事実である。(アメリカ)

海外の声:ヨーロッパと日本の違い。日本は四方を海に囲まれていること、そしてヨーロッパは行き来が自由であるから、感染拡大の部分で仕方がない部分があると思う。(スペイン)

でも、もし日本がフランスの立場だった場合でも、フランスほど感染を拡大させていないのではないかと個人的には思っています。(フランス)

海外の声:イギリスも新型コロナウイルスの危機に晒されていますが、日本は本当に素晴らしい対応をしていると思います。日本で成功している事例があるならばどんどん世界に発信して欲しいです。(イギリス)

海外の声:ドイツも健康的な国という評価をいただいたが、おそらく日本に勝つことはしばらくできないのではないかと思っている。(ドイツ)

海外の声:住むのにもっとも健康的な国家は我が国シンガポールであるが、日本には学ぶべきことがたくさんあると思う。国土の違いや富裕層の多さなどで我が国は他国を凌駕しているのにすぎないのかもしれないから。(シンガポール)

海外の声:アメリカは国土が広すぎること、十分な医療を受けることが出来ない人々の多くが亡くなるという最悪な結果を招いている。1万人あたりの感染者数も日本は非常に少ない結果となっており、本当に優秀ってことはいろいろなデータを見ても明らかなのだ。(アメリカ)

ちょっと一言

多くの日本人は以前からマスクを着用しています。特に冬と春には着けています。それが、現時点までに大きな効果を示していることは言うまでもない。

海外は新型コロナウイルスが流行っているのに、マスクを付けない若者が多くいたのは事実である。

出典:https://chattusa.com/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。