眞子さま、雅子さまに「小室問題」の相談も 関係者は“ご負担”を懸念




文/編集部

皇族方も自粛中

新型コロナウイルスの影響により、公務自粛が続く皇室。国事行為や宮中祭祀など、天皇陛下はご多忙の日々を送られているが、各宮家の方々は比較的緩やかな生活を続けられている。

「外出を伴う公務は無いものの、秋篠宮殿下は14もの団体総裁のお顔をお持ちで、毎日それなりにお打ち合わせなどでお忙しく過ごされているようです。先日は、悠仁さまを伴い宮邸の庭の一画にひょうたんの苗の植え付けをされたとか。6月に予定されていた全国愛瓢会展示会も中止となっているので、少し残念に思われているのではないでしょうか」(某団体職員)

また、紀子さまはといえば、悠仁さまの自宅学習に目を光らせておられるようだ。

「悠仁さまの通うお茶の水附属中学は7日の授業開始となっていましたが、開校まではもう少しかかるようです。悠仁さまはご在宅の際のお時間の殆どを、紀子さまと家庭教師と過ごされているとか。また頻繁に有識者とのオンライン面談を行い、進路についても話し合われていると聞きました」(紀子さまのご友人)



コロナで精神的な落ち込みが続いていた眞子さま

殿下と紀子さまのご自宅での過ごし方を聞く限り、お二人の関心事は悠仁さまのことが中心のようだ。長く国民をざわつかせてきた眞子さまの問題については棚上げ状態が続いているという。当事者である眞子さまを案ずる声を挙げる職員も少なくない。

「ご一家の中でも、コロナの影響で精神的に落ち込みが激しいのは眞子さまです。特に懸念されるのがご家庭内での孤立。私室にこもりがちで、親身になって話を聞いてくれるのが海の向こうの小室さん唯一人という状況です。これはいかがなものか…。

ご自身は早々に在宅勤務に切り替わり感染予防に努められていますが、小室さんの事を心配するあまり体調面を崩されていらっしゃいました。暖かくなってからは、少しお元気になられて散歩などにも出かけられるようになりましたが。それも夜であったり、早朝であったりと生活リズムは整っていないようです」(秋篠宮家職員、以下同)



眞子さまを癒やした雅子さまとの電話

周囲の者も心配する眞子さまの“コロナ疲れ”。家庭内で孤立深める眞子さまが頼りにされていたのは、雅子さまと愛子さまであったという。

「過去にも何度か雅子さまにご相談される機会はあったものの、コロナの影響が国内にも色濃く出てきて、その頻度は高くなっていました。直接お会いするわけではなくお電話でのお話ですが、眞子さまのお話を否定せずに聞いてくださる雅子さまにほっとされるのかもしれません。また、愛子さまとはLINEなどアプリでのメッセージのやり取りをされているようです」

最近、宮内庁幹部をはじめ様々な人物に、「小室さんとの結婚をどう思われますか」といった率直なご質問をされるようになったという眞子さま。雅子さまに対してもそのような機微に触れるお話をなさったのだろうか?

「詳細なやり取りは存じませんが、おそらくそういったお話もされてこられたのではないでしょうか。ですが、雅子さまにとっても厳しい質問でしょう…。眞子さまのことを思えば、多少厳しいことを言わなければならない。しかし秋篠宮家の事情に深く立ち入るのも、同家側から“出過ぎたこと”と言われてしまうかもしれない。おそらくぐっと堪えて、コロナ疲れの眞子さまを優しく癒やすおことばを、辛抱強くかけられ続けていたに違いありません。雅子さまのご負担を考えれば、秋篠宮ご夫妻が何とかお話し合いを進めるべきだと思うのですが…」

皇室全体を揺るがせるほどの問題に発展した眞子さまのご結婚。小室さんの安否を気遣い気落ちされた眞子さまにとって、ご両親ではなく国母となった雅子さまの慈愛が大きな支えとなっていたようだ。

雅子さま生糸、平成より美しく 「御養蚕始の儀」の“所作”に関係者ら感動



17 件のコメント

  • 何にしても、眞子サマも秋篠宮の皆サマも立派な住まいもある、食べるものも確保され、しかも自分で作るわけでもない。着るものだって、高級なものご山ほどお有りでしょう。

    物質面では全く心配がないというのは、今の日本の社会では貴重なことであり贅沢だ。

    あとは、眞子サマが心を磨き一日も早くKKから離れることが大切です。

    今上陛下のご一家に頼らず、ご両親と解決するべく心を通わせてください。

      • 苦労と無縁だからこそ、自身が恵まれてるとは分からないでしょうね!
        バイトの一つもした事が無いし、欲しい物を我慢する事もなく手に入る。

        そもそも、お金の本当の意味すら分からないと思います。
        皇室で聞くお金の単位がいつも億ですからね。。

  • そうですね。眞子様は、少し小室圭のことは、忘れて両親と仲良くやっていったらどうですか?両親なら良い案を出してくれると思います。もう出してくれてるかも知れませんね。小室圭ばかりに執着すると回りが見えませんよ。大きな視野を持って色々と考えてください。将来の天皇陛下の御姉様になるのだから、変な人に引っ掛からないで下さい。願っています。


  • 眞子さまは、雅子さまにご負担をおかけするな。
    眞子さまは、恋愛で味方がいないと、つらい思いはしているだろうが、雅子さまに聞いてもらうのは、筋違い。
    ご家族と違って、厳しいことは言えないだろうし、ご病気もあるなか、お忙しいお立場なのだ。
    なぜ結婚に反対されるのか、現実を理解しようとせず、恋愛感情だけで意固地になり、孤独を感じられているのは、結局 ご自身が招いたこと。
    雅子さまもご苦労されているから、つらい人に優しく寄り添えることができるのではないか。
    それに甘えてはいけない。

      • まこさんが最初に用意した結婚宣言書の要旨を読みましたが、 正直言って年齢の割にはその精神年齢が幼いという印象ですし、客観的に物事を見ることができず、主観的にしか判断できない人だという印象ですね。 国民が何を問題としているのかも把握できてない感じ。雅子様に相談するということも、結果として雅子様に迷惑をかけるということが分かってないのでしょうね。中身が完全に子供です。
        今回の結婚を強行したことによる後々の影響に関してもおそらく頭に描けてないと思うので、こんな重要な問題にまこさん一人の判断で結果を出すのは非常に危険だと思います。

        • 眞子さまもおつらいでしょうが、
          ご両親も佳子さまも、それから上皇ご夫妻や天皇ご一家方、みなさまがご心配されてると思いますよ。
          すぐにご結婚できると思っていたのに、なかなか事が進まないのは、もう我慢できない、平常心ではいられない心境と思われますが、それならお一人で皇籍離脱をされて、ご家族と縁を切られて嫁がれたらいいのです。
          身一つでご苦労されたら、ご家族のありがたさもわかってくるのではないでしょうか。

  • 眞子さま、このように親や周りの人間、そして何より国民から反対されるという結婚は何かしら原因があるのです。今このコロナが蔓延している中、一度本当にご自身の長い生涯のためにゆっくり考えられたらいいと思います。人生は思っている以上に長いのですから。

  • こう言ってはなんですけども全ては秋篠宮家の不徳のいたすところ、天皇陛下、皇后さま、愛子さまそして国民に迷惑をかけないで自分たちだけで解決してください。自分だったら恥ずかしくて一家そろって退出します。

  • 眞子さまは上皇后様がついている限り国民の声などどこ吹く風で自由に飛んでますよ、令和天皇雅子さまにご迷惑はかけないでくださいね、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。