海外「奥深い辛さと香りにクラクラさ」 七味唐辛子の中毒者が急増中



文/編集部

七味唐辛子が海外で大ヒット

食事の際辛味や風味、味の変化がほしくなったときに欠かせないおなじみの調味料といえば七味唐辛子。その誕生は江戸時代にさかのぼると言われています。

日本国内における家庭用七味の二大巨頭といえば、言わずと知れたエスビー食品とハウス食品。両者の七味は、米国アマゾン「チリパウダー」部門のベストセラーで上位にランクインするなど、七味が海外で大ヒットを飛ばしているというのです。



海外の声

海外の声:大・大・大・大好きだ、ナナミトウガラシ!牛丼屋を出た瞬間から、恋しくて仕方なかった……。だからその牛丼屋に電話して、あのウマい粉はどこで買えるんだって聞いたんだ。そしたらアマゾンベージを教えてくれたから、もう興奮して即3個注文だ。(イタリア)

海外の声:白米、妙麺、チキン、ビーフとかにかけると最高にウマい。俺はそれ以外にも好き勝手かけてるけどな!白状すると、レストランにも隠し持っていってるんだぜ(笑)。値段もまあちょうどいいな。いくらでも書けるけど、この辺にしとくよ。とにかく試してみるよ!(ブラジル)

海外の声:私はこのS&Bの唐辛子とともに育ってきました。こんなような、もっと簡単なソースがないかしらと思ってほかのチリ製品もたくさん試したんだけど、ほかのブランドでこれに勝てるものはなかったですね。いまはS&Bの七味をケースごと買ってます。(アメリカ)

海外の声:とても好き。けど、どちらかというとハウスの ほうが好みかな。私はね。S&Bの配合は、柑橘と青のりが少し軽めに感じるわ。そのかわり、ペッパー類の歯こたえとか、パンチがあっていい感じ!もちろんどっちのブランドも完壁な配合だし、わたしの七味欲はちゃんと満たされるんですけどね。(インド)

海外の声:料理番組を見ていてこのチリバウダーを知った。いままで聞いたこともなかったし、新しいチリはすかさず試してきたはずなんだけど。配合が本当に絶妙で、ほかのどんなアジア系スパイスとも違った。一回試してからはもう、仕事場での調理にいつも使っている。心からお勧めしたいよ。仕上け.に振るだけでも最高だけど、僕は、もっと香りが立つように軽く妙ってから使うのが好きだ。(イギリス)

海外の声:初めての出会いは、近所の日本食レストランでした。ネットで買えると知って驚き!早速注文して、家で使っているところです。とにかく、絶妙なバランスの風味をプラスできてお気に入り。私からすると、そこまで辛くないかなと思います。欠点を挙けるなら、ボトルが小さすぎてすぐ゙になくなってしまうことです。(ドイツ)

海外の声:近くの日本食レストランで初めて試したとき、恋に落ちたの。家で使えるように、買わなきゃいけないと思ったわ。インスタントラーメンとかうどんを、10倍は美味しくしてくれるの。(アメリカ)

海外の声:どんな料理だとしても、豊かな風味が加わって味にメリハリが出る。そんな七味唐辛子が大好きだ。(台湾)

ちょっと一言

海外に浸透していった七味。和食ブームの影響が大きいのだろうと想像することは容易ですが、外国人が七味を使うのは和食に限られないそうです。揚げ物の衣に加えたり、アボカドトースト、シチューやサラダ、マッシュポテトなど、先入観にとらわれたわれわれには想像できない用途に広く使われています。

出典:https://chattusa.com/



1 個のコメント

  • 七味唐辛子は自分好みに調合して買うのが通。
    神社の参道とかに店があるから初詣の時に買う。
    柚子多めが美味しい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。