美智子さま、雅子さまに慈愛の叱咤!「国民に寄り添う令和皇室に」のご注文




未曽有の国難に

令和となり初めての国難を迎えている。そんな中、当初、5月6日までだった緊急事態宣言は31日まで延長された。もっとも、新型コロナウィルスの感染は収束に向かいつつあり、地方などから経済活動が再開される見込みだ。

この新型コロナウィルスの猛威は、日本のみならず世界中を恐怖のどん底に突き落とした。世界の王族では、3月26日にスペインのマリア・テレサ王女が新型コロナウイルス感染による死亡が確認された。イギリスのチャールズ皇太子も感染したと発表された(既に退院)。

「幸いにも日本の皇族から感染者は今のところ出ていません。天皇皇后両陛下は新型コロナウィルスに関連するご進講を複数回受けられ、その知識量は専門家も舌を巻くほどだったとか。特に4月10日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長から現状について説明を受けましたが、当初40分の予定だったところ、1時間半にも及ぶ、その関心の深さには感嘆を禁じ得ません。御所では、陛下と雅子さまが三密回避、手洗いうがい、マスク着用を率先されています。そのおかげか赤坂御用地から感染者は確認されていません

また、4月7日に天皇陛下は、スペイン国王・フェリペ6世は電話会談を行いましたが、これはスペイン側の要請で実現したものです。皇室がとっているコロナ対策などについて助言されたものとお見受けします」(宮内庁関係者)



心痛める天皇陛下のお言葉

スペイン王室が頼らざるを得ないほど頼もしい令和皇室。そんな中、宮内庁は、ご進講を受けられた際に天皇陛下が発したお言葉をサイト上に掲載した。

「この度の感染症の拡大は,人類にとって大きな試練であり,我が国でも数多くの命が危険にさらされたり,多くの人々が様々な困難に直面したりしていることを深く案じています。今後,私たち皆がなお一層心を一つにして力を合わせながら,この感染症を抑え込み,現在の難しい状況を・乗り越えていくことを心から願っています」(新型コロナウイルスに関する天皇陛下のご発言要旨)

短いながらも力強い言葉に勇気づけられた人も多いだろう。だが、一部でこの皇室の対応に疑問の声をあげる人もいるという。

「今回のコロナ禍を受け、世界各国の君主は、国民を労わる玉音放送を流しています。イギリスのエリザベス女王は、生涯で四度目となる異例のスピーチを公開しました。バチカンのフランシスコ教皇も、『ウルビ・エト・オルビ(Urbi et Orbi)』(ローマと全世界へ)の祝福を贈りましたが、通常、この祝福は復活祭とクリスマスの年2回しか出されないもので、今回はまさに異例です。

世界中でこのような玉音放送が流されているにもかかわらず、いまだ日本の天皇皇后両陛下は肉声で言葉を発表していません。雅子さまに至っては御代替わりしてから一度もまだ肉声を国民に向けていません。これを聞きたいと思う国民は多いことでしょう」(皇室ジャーナリスト)



美智子さま、慈愛のご叱正

確かにネット上では、今回のコロナ禍に対して両陛下のお言葉を待ち望む声は多い。また、雅子さまの会見は長く実現していない。雅子さまの肉声を聞くことができた記者会見は、2002年12月に行われた記者会見が最後であり、それからもう17年以上が経っている。一部の女性週刊誌では、雅子さまの体調を危惧する表現も散見される。

この状況に最も機敏に反応したのは、意外にも美智子さまであるという。

「美智子さまは、このコロナ禍に対して、天皇皇后両陛下が何らかの肉声を発表をする必要があるとお考えのようです。陛下のメッセージが発表された時、『雅子さんの記者会見が難しいのならば、ビデオレターだけでも発表すればよいと思うのですが…。せめて文章だけでも。そうしなければ国民に寄り添う皇室にはなりえません』と強い調子で仰ったそうです。公務や祭祀にまだ完全には出席できていない雅子さまに、再びバッシングが集まらないよう心配された慈愛のお言葉であると信じたいですが…」(上皇后消息筋)

だが、コロナ禍で雅子さまが何かを発表するのは筋違いであるという見解もある。

「東日本大震災の時も、天皇陛下が被災者へビデオメッセージを発表されましたが、美智子さまは何も発表されませんでした。今回のコロナ禍でも、イギリスのエリザベス女王はビデオメッセージを発表されましたが、夫・エディンバラ公爵フィリップ殿下は何も発表していません。そういうものです。雅子さまに何か発表をさせるというのは筋違いです。

また日本は感染者数も死亡率も世界平均よりかなり優秀であり、18000人以上亡くなった東日本大震災とは規模が全く異なります」(宮内庁関係者)

どうやら美智子さまの危惧は「杞憂」のようだ。一刻も早い新型コロナウィルスの収束と、皇室の弥栄を願わずにはいられない。

紀子さま失意!悠仁さまプロデュース計画が頓挫へ 緊急事態宣言延長で、公務の中止が相次ぐ



10 件のコメント

  • 令和の時代です。
    平成の時代も、昭和と同じことしませんでした。

    色々と、干渉しないで!
    皇后陛下のお勤めしておられるのだから、文句言わない!

  • 確かに。
    雅子皇后様からは、どなたかのようなパフォーマンスや名女優による劇場ではない、自然で持続的な慈愛の温かいお心が伝わってきます。

  • 皆さんが仰ってるように、退位された平成天皇皇后両陛下は黙ってて下さい。
    令和は令和のやり方があります。
    一生懸命頑張ってらっしゃるのだから
    暖かい目で見守れないのかしら?
    退位されて、いつまでも引越しをされないんですか?
    代は交代したので、お2人の邪魔はしないでほしいです。

    • 平成天皇とはまだ言いませんよ。亡くなられて初めて諱(いみな)が付くのです。ご存じない方が案外多いのですね。
      今は上皇です。
      また、3月末に引っ越しされたのもご存じない?
      リミットぎりぎりの引っ越しでした。


  • 両陛下ともビデオレターなど出す必要はありません。むやみに国民の情動に働きかけるのは安っぽい行為だと思います。
    一生懸命コロナについてのご進講を受けられたり、お言葉をアップなさったりで十分です。
    憲法との兼ね合いもありますし、昭和も皇后陛下がお言葉を出すなどなかった。昔の正位置に戻っただけです。

  • (悪い意味で)この方は生涯現役を貫く気持ちでいっぱいなんですかね。

  • 雅子さまは、海外でも高評価されるくらい国民のために頑張ったてらっしゃる。
    引退された方の指示受けなくても大丈夫です。


  • 平成は終わりました。
    現在は、令和の時代です。
    引退した老婆美智子さんは、口にチャックをされ目立たず秘かにお暮し遊ばせ。
    何時までも何時までも、立派な雅子皇后にイチャモンを付けて欲しく有りません。
    貴女の品格が地に着きましたね。
    お可哀想に。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。