紀子さま、公務不足で“皇族費の増額”を検討 緊急事態宣言で「金欠」が続く秋篠宮家




文/編集部

国民経済に打撃を与えるコロナショック

現在、日本社会に大きな影響を与えているコロナウィルス。日本国内では感染者数増加のピークを越えたとの見方もあるものの、完全な収束には至っておらず、油断の出来ない状況が続いている。

このような状況で、コロナウィルスそのものの影響と同時に問題となっているのが経済への影響だ。

4月7日に発令された緊急事態宣言は5月末までの延長が決まり、営業自粛が求められてる飲食店やサービス業の事業者、その他自粛により仕事と所得が減少した家計の中には窮状を訴える者も多い。

そうした中、実はこのコロナウィルスと自粛による経済への影響は皇室の家計にも影響を及ぼしているという。



収入激減の秋篠宮家

中でも、最も直接的な影響を受けているのが皇嗣家でもある秋篠宮家だ。

秋篠宮家は公務を行った際に貰っている謝礼が、重要な収入の一つとなっているが、現在コロナウィルスの感染拡大の影響により、ほとんど全ての公務がキャンセルとなり、謝礼金の減少がその家計に打撃を与えているという。

「上皇陛下の退位に伴って定められた特例法により、皇嗣になられた秋篠宮殿下の皇族費は基準の3倍と決められたため、秋篠宮家の年間の皇族費の合計は1億2,810万円となっております。

とはいえ、皇位継承順位1位と2位の男性皇族を擁しておられる皇嗣家として、必ずしも十分と言える金額ではありません。

そこで重要になるのが、秋篠宮家が公務を行われた際に受け取る謝礼金であったのですが、現在のように公務のキャンセルが立て続く状況で、本来なら受け取られる予定であった謝礼金が受け取れず、経済的に大変厳しい状況にあるようです」(秋篠宮家に近い皇室関係者)

上皇ご夫妻と天皇ご一家の五方で共有される「内廷費」は、3億2400万円となっている。皇嗣家として秋篠宮家の皇族費はほぼ倍増となったもののなお隔たりは大きい。

具体的な金額は明らかにされていないが、この隔たりを小さくする上で重要な収入となっていたのが公費による謝礼金であったようだ。



紀子さまは皇族費の増額をご要望

このような皇嗣家の財政が逼迫する中で、紀子さまは皇族費の増額を要望されているという。

「公務のキャンセルが続き、本来受け取れるはずであった公務の謝礼(注:厳密には“謝礼”ではなく、“お車代”)による収入が入らない状況が続けば、秋篠宮家の財政は困窮していくばかりとなります。

そのため、紀子さまは宮内庁を通じて政府に公務の中止による収入減少の補填及び、皇族費の増額を求められており、政府はこのような訴えに一定の理解を示してはいます。

とはいえ、コロナショックにより多くの企業や家計が困窮し援助が求められている中で、一般家庭と比較すれば非常に裕福な生活を送っている皇族に対して税金で支援をすれば、国民からの批判を招く恐れもあるため、慎重な姿勢を見せているようです」(前出の皇室関係者)

現在、国からの企業や家計への支援が不十分であると批判されているが、こうした中で、特定の皇族に対し手厚い支援を行えばさらに批判が強まる恐れもあり、政府は紀子さまからの支援の要望に対して慎重な姿勢を取らざるを得ない状況のようだ。

煽る眞子さま、怯える紀子さまを走らす 小室圭さんと「結婚宣言書」をオンライン放送へ



34 件のコメント

  • 内廷皇族になれば良いこと。
    秋篠宮家が、断るのが悪い。
    自業自得

    皇嗣になって、3倍の予算を貰って、
    公務が無いのに何に使うの?

  • きちんと、内廷皇族となられて、政治家達とは、交流せず、距離を保ち、政治介入もせず、清廉潔白に倹約生活をされれば、悠仁様の皇位継承への国民の支持も上がるのでは?

    • その通りです。国民に寄り添うお気持ちがあれば、今の状態で国民がどれだけ節約をして我慢しているかが理解出来るはずです。上皇后のように着まわしの出来ない洋服ばかりでは節約ができません。それより悠仁様の帝王学を自分勝手な解釈で教えないように願います。未来の天皇が羽織袴を着用した事はあなたは帝王学を悠仁様に教える事は無理があります。尊敬される皇族になる事を勉強して下さい。


  • 天皇陛下はご寄付をされたのではなかったですか。皇族たるもの国の危機にはお手本となる節約をお見せいただきたいと切に望みます。

    • どうして寄付しないのかな?まさか結婚する馬が、結婚費用辞退するから
      こっそりお金渡す為とか?

  • 今上天皇ご一家は東宮家の時代、500万円でお三方が過ごされてたんですよ。
    皇族費が1億2,810万円もあれば、充分なのではないですか?

  • コロナの影響で国民の生活も困窮しています。
    極力無駄遣いは控えて居るつもりですが、思うようには行きません。
    今年も酷暑になりそうです。
    エアコン代もかさむため、電気代を心配しております。
    秋篠宮家はいかがでしょうか?

  • 今上陛下ご一家の素晴らしさが、この記事によってまた際立ちましたね。

    おそらく、紀子妃は10億もらっても20億もらっても少ないと言うと思います。
    満たされない何かがあったり、勝手に何方かと比べて卑屈になり負けん気を発揮しているようにしか見えませんね。

    お気の毒な方です。
    そして、一番の犠牲は子供達3人が紀子妃の心の余裕のなさでぎすぎすとした環境で育ってしまい、皇族というだけで傲慢になってしまいましたね。

    国民の厳しい経済状況をご存知なら、増額要求などと勝手なことは考えられないと…普通は思います。


  • 秋篠宮家の皇族費が1億2810万で十分な金額ではないと書いてますが何故?理由も説明せずに十分ではない…。今上陛下御一家は皇太子時代に年間500万でやりくりしていました。将来天皇云々の件は足りない理由にはなりません。内廷費3億2400万で今上陛下御一家と比べて隔たりがある。と語られます上皇御夫妻と同じ財布の紐である。人件費で1億程度の固定費がかかることに何故触れないのでしょうか?単純に金額だけで比較するのは無意味ですよ。予算の増額…。何故宮内庁が政府に話を通すのか意味がわからない。大体にして皇室経済会議の構成員に議長で安倍総理がいる。ならば罷り間違って国民に疑われないように他の構成員も衆参両議員ですから距離を取るのが正しいあり方です。更に皇室会議の構成員に現皇嗣がいた前例はないはずです。こういうところも含めて如何に秋篠宮御夫妻が非常識というか分を弁えない人なのだなと思わざるを得ないわけです…。そこに一切触れない。批判しないマスコミの姿勢に甚だ疑問です。

  • 第一ティアラが輝いていたのだが
    その場面を紀子さまがご覧になられて、“ティアラがキレイですね”と感想を述べられたようです(ポストセブンより)

    • 衣装が人を美しく見せるのではない、人がその衣装を美しく見せるのだ。 という言葉がありましたね、宝石もまた然り。

  • 天皇家の出費は、貴人の接遇に使われるのが殆どだと思います。
    お三方が私的に使われる、お小遣い的な金額は少なそうです。
    浩宮殿下時代から、皆が持っているおもちゃすら買わなかった話も有名。

    秋篠宮家における貴人の接待は、どのくらいあるのでしょうか?
    皇太子でもないのに。
    接遇は、相手の格が高い程出費が嵩むと思います。
    貧乏くさいおもてなしは、ありえないから。
    秋篠宮家に例えば欧州の王族とかがご訪問など、想像もできませんが。

    • 年間500万円で暮らされていた東宮時代でも陛下のお宅に伺うと絶妙のタイミングで上質なお茶とお菓子が出てくる、という話がありましたね
      職員の方々の心配りが素晴らしい
      金銭的に遥かに恵まれている筈の秋篠宮家ではお茶が出たことがない、とその記事で書かれたら御用学者をおぼっちゃんの為に呼んで「紀子さまがわざわざお茶を運んでくださった」と書かせたのは笑いました
      昨日のヤフー記事の写真差し替えといい、キコさんのやることっていちいちずれてますね

  • 次の天皇をお望みなら
    ここは我慢のしどころでしょう!
    国民は、お金が無いなら無いなりの生活を強いられます。
    どこかに訴え補給してもらえるものではありません!


  • 今上天皇皇后両陛下は昨年&今年もご寄付をされて居ます秋一家は紀子の両親等無駄な経費を使い過ぎでは?今公務の無い時は皇后様のように自宅で家族揃って料理をしたり、掃除&片付けをしたりと…お金を使わないように生活をして頂きたく思います今こそ国民に寄り添って質素な暮らしを実践して下さい。其こそ次期天皇家になれるや否やと…国民は見ておりますので…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。