紀子さま、悠仁さまと「お菓子作り」 雅子さまへの“おすそ分け”も




文/編集部

天皇ご一家のご動向

新型コロナウィルスという脅威に晒される日本。天皇皇后両陛下はこの未曾有の危機の中、国民を案じ、国の安寧を祈る日々を送られている。

「両陛下は4月10日、15日、28日と、3度のご進講を受けられています。この内、10日の尾身茂氏(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長)のご進講の際の発言要旨が宮内庁から公表され、多くの国民が陛下のおことばに勇気づけられたことでしょう。また、平成後半にほとんど行われていなかった宮中祭祀の『旬祭』も斎行され、雅子さまは皇后の伝統的なお務めであるご養蚕のお取り組みも始められています」(皇室担当記者)

外出を伴うご公務が中止となってはいるが、両陛下はステイホームを守りながら、赤坂御所や皇居でのご公務にお忙しくお過ごしだ。長女の愛子さまも手縫いマスクの製作に励まれるなど、ご一家が助け合う姿に周囲からも感嘆の声が聞かれている。かつて無い国難の中でも、前向きにお取り組みを進められるお姿は、多くの国民にとって模範となるに違いない。



秋篠宮家もステイホームを継続

一方、原則として全てのご公務が中止となっている秋篠宮家においては、それぞれが“おうち時間”を充実させるための工夫を凝らしているという。

「秋篠宮殿下は、4月の頃は『立皇嗣の礼』も延期の運びとなり、急なお暇をやや居心地悪く感じられていたように見受けられましたが、現在はだいぶスッキリご様子です。多くの名誉総裁職の顔を持つ殿下は、ご自身の“研究”に意欲的に取り組まれる日々を過ごされています。殿下が楽しみにしていらした6月の『全日本愛瓢会総会・展示会 兵庫県神河町大会』も中止となりましたが、先日、赤坂御用地内で瓢箪の苗の植え付け作業に悠仁さまと取り組まれ、収穫を楽しみにされています」(秋篠宮家周辺、以下同)

また、紀子さまはといえば、これまでの多忙な生活ではできなかった家事などにも精を出されているという。

「紀子さまは皇室に入られてからというもの、毎日のように全国を飛び回る多忙な日々をお過ごしでした。その為、宮家の食卓に上るものは原則、専属の料理人が準備したものだったのです。しかし、お時間がたっぷりできたこともあって、少しずつお料理の方も始められています。悠仁さまも大変興味を示され、ご一緒に調理を学ばれることも」

秋篠宮殿下の“スポークスマン”として知られる毎日新聞の江森敬治氏は、殿下について“ジェンダーに関する理解が深い”と評している。悠仁さまがお料理を学ばれるのも、性差にこだわらない秋篠宮家らしい帝王教育と呼べるのかもしれない。



秋篠宮家でお菓子作り

また先日は、5月10日の「母の日」になぞらえ、紀子さま、佳子さま、悠仁さまの3人で“お菓子作り”にも励まれたという。

「眞子さまはご体調不良で参加できなかったものの、家族でクッキーとパウンドケーキ作りを楽しまれました。悠仁さまは手先が器用でいらっしゃいますから、大変出来栄えもよく。紀子さまは悠仁さまに『皇后陛下は甘いものが大好きですから、きっと喜ばれますよ』とお渡しすることを勧められていました。国母となった雅子さまを労いたいというお気持ちゆえでしょう」

それぞれのおうち時間を楽しまれる皇族方。

しかし、’04年、女性セブンが報じた「雅子妃に『海外禁足』を強いた人物」という記事によれば、“美智子さま、紀宮さま、紀子さまの3人はたまに御所に集まり、楽しくお菓子づくりをしていたというが、雅子さまがこれに呼ばれることはなかった”とのこと。経緯の仔細は明かされていないものの、今回の悠仁さまからのお菓子のプレゼントは、雅子さまにとって少し苦い記憶を呼び起こさせるものかもしれない。

愛子さま、手縫いマスク120枚を宮内庁へ 関係者「家宝にします」



21 件のコメント

  • 雅子皇后さまには、過去の事と割りきられる聡明さが
    おありでしょうが、よくぞ辛抱して下さったという思いで
    胸が一杯になります!

    • 過去のバッシングでいまだに病気で皇后就任後も派手やかな公務以外にはお休みになられているとここで言われていますけど!

    • 記事の中に、三人で集まり…にはびっくりしました。
      天皇陛下に守られ、敬宮愛子様が心のささえだったのでしょう。
      本当に雅子皇后様は素晴らしい方ですね。

  • 眞子様も参加出来たら良かったと思います。手作りの無添加なお菓子は雅子様も嬉しかったはずです。

  • 紀子さまはさておき、そんな母を見て反面教師されたんですね。しっかり、母を叱責出来る息子へお一人でよくぞなられました。素敵ですねっ。悠仁様は賢く凛としたご成長お喜び申し上げます。


  • >紀子さまは悠仁さまに『皇后陛下は甘いものが大好きですから、きっと喜ばれますよ』とお渡しすることを勧められていました。国母となった雅子さまを労いたいというお気持ちゆえでしょう

    なんか、胸騒ぎがしますな。


  • この時期にこのような記事
    江森氏からのコメントは、秋篠宮家のスポークスマンのためあげつらう事ばかり……
    手作りが悪いとは言わないが、コロナ禍の昨今社会人や一般人としてはお届けするのは、如何なものかと思いますが……
    雅子皇后陛下が流産なさった時もキナ臭い噂が出ましたからね
    川嶋紀子が、雅子皇后陛下の為を思い行動するなんてありえないと思います
    何か裏があるように思えてなりません

  • 愛子様の120枚制作マスクは職員へのプレゼントにして大変喜ばれている様ですよ。それにしても悠仁様も召し上がったのですからコロナの心配は無いでしょう。紀子様があれだけ神経質なのですから。

  • なんと言っても、天皇陛下の皇后雅子さまを、全力で支えてきた姿勢に、今もって変わらぬ愛、思いやり、帝王学を学ばれてきた天皇に65歳となる浅学非才の、私でも尊敬してやまないです。落ち着いた天皇のお姿を拝見するたびに、安心感を得れることが最上の喜びであります。天皇家の益々のご健勝をお祈り致しておりす。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。