秋篠宮さま「宮中祭祀」に正式参加も、体力面にご不安 「悠仁さまに早期教育を」の声



文/編集部

即位から1年

天皇陛下の御即位から1年が経過した。令和元年、両陛下は上皇ご夫妻の思いを継承され、戦没者慰霊式典や被災地への訪問、地方行幸啓などで国民との膝を突き合わせた交流を重ねられた。両陛下が昨年足を運ばれた地方は11府県に上る。

「令和2年は新型コロナの影響により、両陛下をはじめ皇族方も思うようにご活動ができず残念に思われているでしょう。特に、今年の皇室のメインイベントとも呼べる『立皇嗣の礼』が延期となったことで、秋篠宮家には幾分悲壮感が漂っているとも聞き及びます」(皇室記者)

眞子さまと小室圭さんの“納采の儀”、秋篠宮殿下の“立皇嗣の礼”。2つの大きな儀式が相次いで無期限延期状態に追い込まれたのだから、秋篠宮ご夫妻が多少気落ちされるのも無理からぬ話だ。

「しかし、ゴールデンウィークが明けて、新規感染者の数も大幅に減少傾向です。ワクチン開発などはまだですが、ひとまずの終息を迎えたとの見解を示す専門家も少なくありません。政府は39県で緊急事態宣言の解除を決定しましたが、状況が落ち着き全国で解除できれば、年内には立皇嗣の礼を挙行できるよう調整を進めているようです」(同前)



秋篠宮ご夫妻も祭祀に参加されるように

さて、秋篠宮殿下が皇位継承順1位の皇嗣となったことを国内外に広く宣明する儀式が立皇嗣の礼だが、これを経て秋篠宮ご夫妻の“ご公務”は大幅に変わることになる。その一つが、祭祀への参加方法だ。

「宮中三殿では、毎月1日の『旬祭』の他、元旦の『歳旦祭』や『新嘗祭』、『神武天皇祭』など、年間20ほどの祭典が斎行されます。殿上に上がることができるのは天皇皇后両陛下、皇太子と同妃、祭事補佐する限られた職員です。ですからこれまで、秋篠宮殿下は一宮家の当主として、殿上に上がること無く見える位置からご遥拝されてきました。

ですがこの程宮内庁は、立皇嗣の礼を終えた後、秋篠宮殿下と紀子さまも皇太子同等のお立場として、殿上での拝礼をされるようになると発表しました。皇嗣ご夫妻も、古式の装束を召され、祭祀を執り行うお立場になるということです」(皇室ジャーナリスト)



悠仁さまにも祭祀の練習を

しかし、宮内庁内でこの事を不安視する声も少なくないという。

「殿下は54歳、紀子さまは53歳です。これまで長年ご見学されてきたとはいえ、実際に重い装束を身に纏われての祭祀は、かなり負荷が大きいもの。見るとやるとでは大きな違いがあるといいます。ご夫妻は昨年の即位の礼を前に、所作や殿上での歩み方などの鍛錬を重ねられましたが、今後更に色々と覚えなければならないことも増えていく。これまでのように、総裁職などで全国を飛び回る中で、こういった祭祀をこなされていくのは相当のご負担となりましょう」(宮内庁関係者)

関係者から漏れ聞く声として、紀子さまは華奢なお身体とは想像もつかぬ程の体力の持ち主であるという。しかし、心配されているのは殿下のご体力面だ。

「やはり殿下は、“兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです”と告白されたように、ご自身の御即位についてはやや後ろ向きな姿勢を隠されない場面もございます。その一因が、ご自身の体力面のことです。宮内庁は、殿下には余りご無理をさせぬよう、という意識で動いていますし、殿下が仮に“御即位できない”ような状況になったとしても、すぐに悠仁さまへと進めるよう、今のうちから悠仁さまを祭祀の練習をさせるべきではないか、といった声も挙がっています」(同前)

皇嗣家として、ますます多忙な日々となられる秋篠宮殿下と紀子さま。通常のご公務に加え、祭祀の習来などにも追われ、更に紀子さまは悠仁さまのご教育という重責も抱えられる。令和は秋篠宮家にとって、苦難も多い時代となりそうだ。



5 件のコメント

  • どうしても、やるんですね。

    今回の生前退位があったということは、今上陛下にも…でも、その頃はもう、あの方も…

    上皇后サマの記事には、コメント欄がないので???と思いましたが、この記事にはあったので良かったです。
    安心しました。

  • 皇太子妃はご病気ですのに祭祀にお出ましできないと「サボり」と揶揄されました
    皇嗣殿下はご病気でなく「体力面」で「無理しなくて」よいのですか?
    ちょっと納得いきません

    もしかして体力面って「正座」のことではないですか?
    だとしたら呆れます

  • コメント欄は設けても、実際には掲載しないということでしょうか?

    何か不思議で不自然な感じの昨今の皇室関係のサイト。。。

    なにか…力が働いてますか?


  • あっ!分かりました。

    この令和新聞というのが見つけにくいようになっていてというか、お達しでもあったのかと勘繰りたくなる不自然さ。

    皇室是々非々実録もほとんど更新がありません。

    どこかからの圧があったのは間違いないと私は思っています。何だか怖いですね、事実なら。さるお方のご意向に沿わなきゃ潰される。

    ふぶきの部屋などという今上陛下ご一家を落とすブログは全くお咎めもなく、皇后陛下のことなどはボロクソに書いてます。

    もし、圧力に屈したのならこのサイトも閉めたら宜しいのに。

    真面目にコメントしてもコメント承認待ちですで一体何日必要なのですか?馬鹿にされた感じがします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。