海外「寿司職人の技術が凄い!なるのが大変なのが分かる!」 日本の職人制度に絶賛の声



寿司職人への道のりは険しい

数多くの職人のなかでも、より多くの外国人の注目を集めるのは、日本ならではの伝統的な職業に従事する職人たちだ。日本語のなかで比較的早く世界に浸透した言葉のひとつ がSUSH・すしを握る職人たちは、外国人たちの称賛を集める職人の代表格だ。

すし職人というと 「飯炊き三年握り八年」 という言葉があるように、一人前になるため に長く厳しい修行が必要。旬のすし種のなかから質のいいものを見極める知識や眼力、その素材を最高のものに仕上げるための確かな

技術を身につけるには、それ相応の長い時間が必要だ。その伝統に対し、外国人たちは「料理とは、料理人とはかくあるべき」と、称賛の言葉を口にする。

海外の声

アメリカ人、男性:
俺の目には寿司がキラキラと輝いて見える!

カナダ人、男性:
職人が握る寿司には精神が宿っているようだ

フランス人、女性:
ちゃんと寿司を握れるようになるには10年の修行が必要だ。その成果に敬意を払いたい

アメリカ人、男性:
寿司という芸術のことを一つ学ぶたびに、この料理に対して、そして職人に対して、新たな敬意が生まれる

イギリス人、男性:
寿司職人にスポットを当てたドキュメンタリー『二郎は鮨の夢をを見る』がある。75年間寿司を握り続けている85歳の職人の話だ。素晴らしい作品だから観たほうがいい

アメリカ人、男性:
アメリカではコーヒーを注文する時に態度よく注文しないと店員も態度が悪くなる。日本は全くそんなことはない。

オーストラリア人、男性:
観たことあるよ。とても深い物語だった。その職人さんの名前はジロウさんだよね

ドイツ人、男性:
彼の弟子は10年間修行を続ける。彼らの寿司に対するその献身性は、すごすぎて笑うしかない

ちょっと一言

初めてすし店のカウンターに座った外国人の前に相対するのは、確かな接客術と握りの技術、双方を身につけた職人たち。彼らは丁寧に、かつスピーディーな包丁さばきで素材を操り、磨き抜いた握りの技術を披露しては、 美しいすしを目の前に次々に配していく。外国人たちは、たとえすし職人に関する知識を持たなくとも、そのサービスが「そんじょそこらのトレーニングで身につけられるレベル のものではない! 」ことを感覚的に察知する。

出典:https://chattusa.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。