眞子さまの幸福願う秋篠宮殿下!小室圭さんが披露した留学成果に「良く努力した」と感涙



文/編集部

厳しい状況でニューヨーク留学生活を続ける小室圭さん

眞子さまとの結婚の延期状態が続いている小室圭さん。現在、国際弁護士の資格を獲得するためニューヨークのフォーダム大学に留学しているが、ニューヨークでは、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。5月10日時点で州内の感染者数は33万人を突破した。

また、在学中のフォーダム大学は3月上旬にキャンパス内での授業をすべて中止し、学生寮も閉鎖されており、収入のない小室圭さんには厳しい状況となっている。

それでも小室圭さんは勉学を続けて資格を取得するため、非常に強い意志でニューヨークに留まり続けているという。

小室圭さんの代理人・上芝直史弁護士は「小室さんは3年間、帰国せず勉学に励むと決めています。そのプランに変更はありません」と帰国を否定。何が何でもフォーダム大学を卒業しニューヨーク州弁護士資格を取得しようと決意を固めているようだ。



流暢な英語を披露する小室圭さん

現在、オンラインでの講義を受講している小室圭さんだが、マスコミ関係者を含め、渡米して以降どのような生活を送っているかを知っている者はほとんどおらず、また留学の学習成果がどの程度のであるかについてもほぼ不明であった。

そんな中、週刊誌『女性自身』の調べにより、小室圭さんがフォーダム大学のホームページ上に、「肉声音源」を公開し、情報を発信していることが分かった。

“I am Kei Komuro. William and I are students from Fordham University School of Law.”

4月21日に、同大学のロースクールのホームページ上で公開されたポッドキャスト番組では、小室圭さんが流暢な発音で挨拶をしている。

この番組で小室圭さんはもう一人の学生とともに、フォーダム大OBである金融の専門家Robert B. Nolan Jr.氏にインタビューを行っている。

インタビューのタイトルは「The Funding Spectrum ― From Seed Financing to Private Equity」で、起業家の資金調達に関するもの。

「なぜ、起業家たちはプライベートエクイティ投資による資金調達をほかのオプションより選択するのだと思われますか?」 「起業家たちがプライベートエクイティ投資で資本金を調達しようとする際に、起業家たちはどんな課題に直面するのでしょうか?」

番組は、全編で54分にも及ぶインタビューで、小室圭さんは投資と経営についての専門的な問題について様々な質問を投げかけた。

この「肉声音源」を聞いた経済評論家の森永卓郎氏は、『女性自身』のインタビューに対して「発音は正確で、文法もちゃんとしています。十分、ビジネスでも通用するレベルだと思います」と感想を述べている。



小室圭さんの努力に感動される秋篠宮殿下

この音声は、おそらく眞子さまも聴かれたことだろう、きっと小室圭さんの留学の成果に感激されたに違いない。そして、もうひと方、この小室圭さんの公開音声に関して特に感動されていたのが秋篠宮殿下であったという。

「秋篠宮殿下は現在、小室圭さんと連絡を取られることはないようですが、娘の眞子さまの婚約内定者の留学の成果を確認できるということで、この音声はお聴きになられたようです。

この音声から、小室圭さんの努力とその成果を感じ取られたのか、殿下はいたく感激され、そして感動のあまり少々涙ぐまれたご様子で“彼も向こうで良く努力してるんだな”と感想の言葉を口にされました」(秋篠宮家に近い皇室関係者)

秋篠宮殿下はオックスフォード大学に2年間留学された経験はあるものの、今回、小室圭さんがインタビューしたような投資やビジネスに関する専門的な会話を聴き取り、その内容をしっかりと理解されていたかは分からない。

そのため、もしかすると、小室圭さんが発した言葉の内容そのものではなく、その言葉の調子から感じられるやる気や熱意に対して感激されたのかもしれない。

殿下は、時に小室圭さん自身のことや結婚について時に厳しい言葉を口にされることもあるが、基本的には「眞子さまの望まれる結婚を実現させてあげたい」「二人には幸せになって欲しい」と願われているようだ。

今回の小室圭さんが世界中に配信されるかたちで音声を公開した目的は、眞子さまや秋篠宮殿下に、自身の真剣な気持ちを届けることにあったのかもしれない。そして、その想いと熱意は海を越え、きっと眞子さまや殿下のもとへと届いたことだろう。



4 件のコメント

  • ほんとに、煮え切らない秋篠宮。

    こんな男、貴方達一家が蔑む一般国民の家でもお断りの相手ですよ。

    確か以前、収入は多くなくても良いようなとかなんとか秋篠宮は発言していましたが、それではわがままで尊大で贅沢三昧が身に付いた長女が満足のいく生活が送れるのでしょうか!

    もはや、裏からお金つまり税金を回しますよと言ってるようなもの。

    品位もへったくれもない頭の悪〇秋篠宮夫婦と長女。どうにもなりませんね。

    昨日かな?皇室番組で、今上陛下と秋篠宮の幼い頃の映像で子供達から何かをプレゼントされて受け取ったとき、陛下は幼いながらも気品ある佇まいで頭を下げていましたが、秋篠宮は引ったくるかのように取っていましたね。

    既に、幼少の頃から秋篠宮はあ〇のあーやと言われただけのことはありましたね。

    その娘だから眞子サマもあ〇のお姫様になりましたね。

  • この記事に関係ありませんが、令和新聞様に是非とも明確にしていただきたく投稿いたします。

    なぜ、このように検索しにくい方法になってしまったのか?

    なぜ、ほとんどコメント欄がないのか?

    なぜ、コメントしても何日もかからないと掲載されないのか?

    どこからか、圧力がかかっているのか?検閲のようなものがあり、お伺いをたて許可がないと記事もコメントも掲載できないのだろうか?

    最近、他のサイトも非常におかしい雰囲気です。言論統制が行われているのかなど囁かれていますよ。事実なら由々しきことです。

    平成のころは、今上陛下のご一家は袋叩きでしたのに、ある方とその方のお気に入り家族については、非常に異常に気を使い、いわゆる上げ上げ記事を載せる風潮はとても恐ろしいです。

  • やはり、納得できないし不自然です。

    なぜコメント欄を設けなくなったのでしょうか?あの方とかあの宮〇庁とかいう官庁からの要請というか強制的指示がありましたか?

    そんな令和新聞なら記事を書かない方が宜しいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。