紀子さま「御養蚕」の見学を希望 悠仁さまの「お妃候補」も同席か



雅子さま、2度目のご給桑へ

皇后雅子さまは29日、皇居の紅葉山御養蚕所を訪れ、22日に続き2度目のご給桑(きゅうそう)に臨まれた。皇室の養蚕は明治時代より歴代の皇后に引き継がれており、雅子さまは5月11日の御養蚕始の儀以降、この伝統を守る活動を続けられている。

例年は4種類の蚕を皇后と複数の作業員で育ててきたが、今年はCOVID-19の影響で作業員の人数を減らし、蚕を純国産種の「小石丸」のみに絞って飼育している。このご養蚕は6月の御養蚕納の儀まで続き、できた生糸は海外賓客などへの贈り物に使われるという。

「天皇皇后両陛下をはじめ、皇族方や宮内庁は、COVID-19の影響で国民との接点が途絶え、今後どのようにしていくかに腐心しているようです。雅子さまは未だご体調に波がある中でも、皇后の伝統を守るお姿を国民に示していくことが重要であると奮起されているようにお見受けします」(皇室ジャーナリスト)



秋篠宮家のご動向

一方、秋篠宮家に於いても公務の相次ぐ中止が続き見通しが立たない中でも、今後のご活動をいかにしていくかの模索が続いている。

「秋篠宮家ではいち早くオンラインで専門家からご進講を受けられる環境を整え、それに同家の成人皇族の方々が全員で参加するということを続けています。先日は、医療機関へ手作りの防護用ガウンを寄付されたことも話題となりました。例年であればこの時期は様々な国内行事にご一家がお忙しくされていた時期ですから、紀子さまも今後の活動について、頭を悩ませているとか。頻繁に同家と宮内庁との間で会議の場が持たれ、一日も早く公務を行える環境づくりを、との要請を頂いております」(宮内庁関係者)



紀子さまもご養蚕の見学を希望

また、皇后雅子さまの御養蚕が始められると、紀子さまからの“見学希望”も上がったという。

「秋篠宮家では、眞子さまが幼少期に、美智子さまに伴われ御養蚕の作業を手伝われたことがあります。養蚕は歴代皇后のお仕事ですから、紀子さまも先を見越してご見学を申し出られたのでしょう。また、ご見学の際は悠仁さまとその“ご友人”も同席させてほしいとのご要望もありました。皇統断絶が危ぶまれる中、紀子さまはすでに悠仁さまに複数のお妃候補をピックアップされています。もしかしたら彼女らを、“将来の皇后見習い”として立ち会わせたいとの思いがおありなのかもしれません」(秋篠宮家関係者)

紀子さまと悠仁さま、そしてそのお妃候補“”のご見学はもちろん公にされることはない。しかし、宮内庁では「十分検討に値するご意見」として、今年の御養蚕のいずれかのタイミングで立ち会いが叶うことを検討しているという。



20 件のコメント

  • 自分のポイント稼ぎに、皇后のおつとめを利用するとは。
    将来の天皇陛下と息巻いているならば、陛下のお田植えこそ気にかけるべきではないですか。
    皇室においてあってはならないこういう弁えのなさを、長い間よしとしてきた人たちの責任は重いと思います。皇后陛下も職員も断固断るべきです。

    「ご友人」が、女子と決めつけられて記事がすすんでいるのも笑えます。よほど親しい女子なのですね。
    ビニールのガウンを作って寄せ書きに名を載せたと巷で言われているいとこさんでしょうか。

  • 紀子さまは”次代を見据える”ということがどういうことかご存知で仰るのか
    厚かましくも恐ろしいことです

    この人の態度は許せません

    どうか天皇ご一家の警護は厳重にお願いします

  • 紀子さんには、いつも空回り感を感じます。
    坊っちゃんが、今学ぶべきこととは何でしょうか?
    坊っちゃんに、今上陛下がいつも善きご友人方に囲まれていたように、坊っちゃんの人となりが慕われて、恵まれるお友達は、いらっしゃるのでしょうか?
    紀子さんの坊っちゃんの育て方は、小学校1、2年生の子の育て方のように感じます。


  • 皇后様の近くに来てはなりませぬ。
    皇后様をお守りするのが宮内庁です。
    国民は観ています。

  • 上皇后が秋篠宮の長女次女をというのからして、異例というか…当時の皇太子の長女である敬宮殿下を差し置いて、おそらく上皇后の一存であったのでしょうが、あまりにも宮内庁も上皇后の意のままにさせ過ぎたと思います。

    その路線を継いで、紀子サマも先走り過ぎ。

    現状、あくまでも暫定継承1・2位というだけだ。

    これ以上、平成いや昭和の入内以降の美智子という人の思いだけで突っ走るやり方は止めてもらいたい。不思議なのは、なぜ敬宮殿下をお連れしなかったのか上皇后という人の人間性を疑います。

    宮内庁もしっかりしてもらいたい。
    何を恐れているのだろう。
    配慮するのは、上皇后と秋篠宮一家ばかりだ。

    今上陛下ご一家をもっと大切に考えてもらいたい。

    • COVID-19の影響で作業員の人数を減らし中で、見学はありえないでしょう。

      愛子さまは、天皇になるので皇后陛下の仕事を引き継げません。
      上皇妃陛下が眞子さまに見学させたには、眞子さまに皇室に残って養蚕を引き継いでもらいたかったのでしょう。

      • 眞子さま佳子さまは鴨場で鴨を空に飛ばす事なく、地面に恐る恐る放している。
        動物は苦手なようだ。
        そんな眞子さまが養蚕を喜んでするはずがない。代がわりに伴い、皇后陛下がなさるようになり、ほっとしている事だろう。

  • 私も昔、お祖母ちゃん家で蚕を養殖していた倉庫を見学しましたが子供ながらに幼虫がウヨウヨと沢山いて気持ちが悪くなりました。あれは子供にはトラウマです。お友達もショックだったでしょう。


  • 紀子が皇后になることなんか誰も望んでねーよ。

    厚かましすぎてゾッとする。

    こんな腹に一物も二物も持ってる女に御養蚕所に押しかけられたら、皇后陛下のストレスがまた増えるだろ!

    お車代(バイト代)目的のコームが出来なくて暇だからって、皇后陛下の仕事の邪魔をするな!

  • 皇室代々の規律は守るためにあるのでは?
    美智子さんと紀子さんは皇室の規律、伝統を壊してばかり!
    ならぬものは、ならぬ!!
    自分達の身分を考えてみては??
    何でも「やらせろ! 見せろ!」では困ります。。
    皇室クレーマーなの?
    長女の結婚問題は一体どうなっているの??
    許可したの??

  • 御養蚕は、歴代皇后陛下のみのお仕事でした。にもかかわらず、平成時代の女帝殿は、自分の勝手な思考だけで、一宮家の妃やその娘達を同席させた。
    この事実は、決して有ってはならなかった事。
    この様な好き勝手をさせていた平成時代の宮内庁は、機能不全に陥っていたとしか考えられません。
    本来の皇室の在り方を、悉く崩壊させた美智子女帝と秋篠宮紀子妃。

    雅子皇后陛下は、余りにもお優しくて人を貶す事が出来ない方なので、其処に漬け込んで立場を弁えないで、厚顔無知な言動を繰り返す者が居続けて呆れる。
    雅子皇后陛下も天皇家の立場として、断行拒否されるべき。
    嫌がらせでも何でも無くて、当然の事。
    先の女帝から、横槍入って宮内庁も怯まない様にして下さいよ!
    令和の時代の天皇家のトップは、徳仁天皇陛下と雅子皇后陛下です!!
    宮内庁もマスコミも仕える相手を見極める事を願います!


  • 御養蚕所がどれ程の広さなのか分かりませんが、コロナの感染リスクが否定できない今の状況で、見学などできる訳がありません。
    それに、紀子が見学するという事自体、自己アピールのためとしか思えません。
    絶対反対です

  • 公務が激減していることも関係していますか
    見学させるべき事柄は、お蚕さんより稲の方であろうことは
    どんなヌケサクにでも分かります!

  • 上皇后のなさりようを見学してたのでは?
    娘もいっしょに手伝っていたような記憶が?
    皇后様のなさりようを報告するのですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。