世界が涙!「コロナの特効薬をニッポン人が開発しやがった」 絶賛の声が相次ぐ



「イベルメクチン」が新型コロナウイルスの抑制に効果あり

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授が開発した抗寄生虫薬「イベルメクチン」が新型コロナウイルスの抑制に効果があった事が判明し、世界中より歓喜の声が上がっている。

イベルメクチンは寄生虫の感染によってアフリカやアジアなどで広がる熱帯病の特効薬の一つ。大村氏が静岡県のゴルフ場で見つけた土壌の細菌が作り出す物質を基に、米製薬会社メルクと共同研究で開発した。新型コロナの治療薬としても安全であることを確認するため臨床試験を急ぐ方針。

この驚くべきニュースに、海外では「日本がまた世界を救う時が来た」「やっぱり日本だ〜」「日本、本当にありがとう」などの絶賛の声が相次いでいる。



海外の声

アメリカ人、男性:
日本がまた世界を救う時が来た

カナダ人、男性:
これで自宅隔離生活も終わりだ、本当に良かった。

フランス人、女性:
世界の最後の砦の日本

アメリカ人、男性:
コロナの特効薬をニッポン人が開発しやがった

ドイツ人、男性:
やっぱり日本だ〜

イギリス人、男性:
日本、本当にありがとう

アメリカ人、男性:
すげーーーーやっぱりまた日本だよ。



ちょっと一言

世界中の人が待ちわびているコロナウイルスの特効薬が早く開発されることを願う。

出典:https://chattusa.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。